看護師の採用という場合、まずは募集をする病院があります。そして、看護学生などがあります。さらに最近では、病院に対して、採用活動を支援する企業が出てきています。もともとは看護師の中途採用などに強みを持っていた病院などが、新卒の募集に関しても支援をしてくるということです。大病院においては、採用活動は重要な事項になります。そのための人材を用意して、1年計画で行っていくものです。でも病院によっては、そこまで人材を避けないということがあります。中小の病院などになると、その都度、看護師の募集を出すということになりますから、それほど期間もありません。


病院の規模が大きくなってくれば、人事部があるというところが出てくると思います。人の管理を行うというとき、社会保険などの事務的な管理という場合と、評価であったり、給料などの管理を行う場合があります。中小の病院の場合は、社会保険などの事務的な管理しか行っていないところがあります。ですから、人事部ではなく、総務部が業務を行っているということもあります。そういった場合、人材採用にしても、あまり行っていないということで流れがわかっていないこともあります。もし行うということであれば、流れを把握しておきたいところです。新卒採用の体験を初めて行うというとき、まずは計画を立てるということです。どういった人材を何人ということで具体的に決めることになります。人は採用すれば、1年で数百万のコストになります。即戦力になれば無駄ではありませんが、そうでなければ無駄になってしまうことがあります。


余分な人材を採用する余裕はありません。そして、看護師学校に募集案内を出すことになります。学校に病院のことを知ってもらわないと、紹介もしてもらえないことになります。知らない病院に応募はしてもらえません。採用を予定している地域の看護師学校に送るようにします。さらに最近としては、採用活動支援の病院を決めることになります。こちらであればいろいろなアドバイスをしてくれるだけでなく、情報提供もしてくれることになります。インターネットを通じて、採用活動の状況を提供してくれることになります。多くの学生がこちらに登録をして、エントリーをすることになりますから、こちらとの契約は大事です。ただし、非常にお金がかかることになります。期間で契約をすることが多いですから、慎重に決める必要があります。そういった準備が整ったら、病院の説明会や、面接などのスケジュールを立てることになります。